伝統と斬新さの共存 オールハンドメイドのカンボジア絹絣スカート

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加
アジアンファッションBlue Orchidは、カンボジア絹絣で「オリジナルヒップハングスカート」をお作りして、
当店のインターネット通販サイトで2012年6月1日より販売しております。
「カンボジア絹絣 オリジナルヒップハングスカート」は、
カンボジアでは伝統服ソンポット・クマエ(長い巻きスカート)に用いられる
絹絣を現代風にアレンジしたスカートです。
カンボジアは長い内戦が続き、カンボジア絹絣の伝統が失われつつありました。
近年になって復興が進んだため、タイシルクなどに比べると、まだ日本女性に
とっては馴染みが薄い織物です。
カンボジア絹絣の特徴として、「鮮やかな彩り」、「やさしい温もり」、「ざっくりとした重厚な質感」などがあげられます。
カンボジアの絹絣はいくつかのパターンから成る小さな模様の繰り返しで、
多数の色を組み合わせて構成されています。その色づかいは、
同系色だけではなくアクセントとなる色が織り込まれていて、
「鮮やかな彩り」が表現されています。
また、織り手はあらかじめ図案を紙に書くことなく、
頭の中で描き上げた模様を手作業で織っていきます。
そのため、模様に多少のズレが生じることがあり、それが「やさしい温もり」
を生み出しています。
さらに、機械生産されたシルクがツルツルした質感であるのに対し、
カンボジアシルクは「ざっくりとした質感」があります。
なぜなら、品種改良された蚕が吐き出す糸は細く均質ですが、
カンボジアシルクに用いられる糸は短く太さが安定していないためです。
しかしながら、安定していない太さは、光の当たり方によって
印象を大きく変えることが出来ます。
このようにカンボジアの伝統的な絹絣は「鮮やかな彩り」、「やさしい温もり」、
「ざっくりとした重厚な質感」という機械生産されたシルクには無い特徴があります。
アジアンファッション Blue Orchidでは、この絹絣をオフィスにもデートにも
ふさわしいデザインのスカートに作り上げました。
■製品データ■
製品名  :カンボジア絹絣 オリジナルヒップハングスカート
料 金  :15,800円(税込)
発売日  :2012年6月1日
販売元  :アジアンファッション Blue Orchid
販売方法:サイト「アジアンファッション Blue Orchid」でのネット販売
■ショップ概要■
名 称  :アジアンファッション Blue Orchid
設立年月:2012年1月
代表   :小中正則(こなか まさのり)
所在地  :〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-11-10 ミモザビル3F
TEL   :03-6833-1114
事業内容:インターネット通販による婦人服販売
URL   :http://www.blue-orchid.org/
【本件に関する問い合わせ先】
アジアンファッション Blue Orchid
担当者:小中正則(こなか まさのり)
TEL:03-6833-1114
MAIL: info@blue-orchid.org
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加
カテゴリー: 小売, 非製造業   パーマリンク

コメントは受け付けていません。