『チャンスをつかむ人、チャンスをのがす人』がiBook Storeにて配信開始!!

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

株式会社オープンアップス(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:加藤秀樹)は
2013年7月23日(火)より、iBook Storeにて、
iBooks電子書籍『チャンスをつかむ人、チャンスをのがす人』を配信開始しました。

<書籍概要>
タイトル :チャンスをつかむ人、チャンスをのがす人
配信日  :2013年7月23日(火)
カテゴリー:ビジネス、コミュニケーション
配信先URL :https://itunes.apple.com/jp/book/chansuwotsukamu-ren-chansuwonogasu/id675424761?mt=11

★人生の分岐点でチャンスを掴むコツ★

グローバル化やインターネットの普及により、選択肢がより多くなっている現在社会。
勝負時にしっかりとチャンスを見極め、より大きなチャンスを掴めるかが成功のカギとなっています。
本書では、あなたの人生を激的に変えるチャンスの見極め方から、成功する人の法則までをズバッと教えます!

▼本作品は、こんなテクニックを紹介します▼

●人生を変える大きなチャンスの見極め方法
●ピンチの中にある、チャンスを掴む逆転法
●弱者でも強者に勝てる驚きの勝負力
●勝負に勝つための目から鱗の戦略テクニック

世の中は、チャンスで溢れています!!
あなたは必要な時にチャンスを掴める人ですか?

【 目 次 】

◆I 他人と同じことをしてはならない

・日本のうつ病とフランスのうつ病
・ユニクロを着ただけで、すでに負けている
・無難な選択は勝つことの放棄である
・他人と違うことをしろ

◆II チャンスをつかめ ~勝つための必須戦略~

【チャンスに気づく】
・勝利の女神の前髪をつかむ
・岩波書店の受験条件の意図とは?
・ピンチを装ったチャンスに気づけ
・著者の紹介状がミソ
・大きなチャンスほどピンチに見える
・カジノから学ぶ「ブラフ」の技術
・自分が弱いと思わせる
・弱者でも強者に勝てる秘策
・一割引の要求に二割引で応じる
・コーヒーショップストラテジー
・好条件で相手を油断させる
・ジョブズも用いたポーカーのブラフ
・賠償金要求もブラフで撃退
・架空請求詐欺で相手の立場を逆手に取る
・失敗を隠そうとするから罠にハマる
・最悪でどこまでかを冷静に判断する

【勝ち逃げを前提とする】
・戦う前に撤退戦略を考えておく
・強い流れに逆らってはいけない
・深追いしてはいけない
・どう勝つかよりいつ止めるかが難しい
・100回裏までプレイしたらプロ野球チームは全滅
・ゲームの条件が変わったことに気づけ
・「ネットも見られるTV」と「TVも見られるPC」の違い
・チャンスを逃すと強みが弱みに変わってしまう

【現場を軽視しない】
・数字合わせで墓穴を掘ったソニー
・「体脂肪率5%の人間になるのが夢」なんて子供はいない
・社長交代は舵取りを変える絶好のチャンス
・キャッチボールをしたことがないプロ野球コーチ
・規模と質の違いをはき違える
・権威をかついで失敗を招く
・草野球しかない村に東京ドームは必要か?

◆III ピンチをかわす ~判断を狂わせる罠を避ける~

【数字のトリック】
・フロリダは本当にガンの死亡率が高いの?
・スロットマシンの払戻率95%は本当?
・量販店のポイント10%還元は10%割引のことではない
・新聞は本当に1ドルの価値もなくなったのか?
・目先のタダに騙されてはいけない
・1ドルをケチって2時間を無駄にする
・ケチはお金では取り戻せない損をする
・最初から結果が決まっている保険会社のアンケート
・国土交通省のアンケートも情報操作が目的
・数字が出されると人はつい信用してしまう

【心理の罠】
・一緒にスリルを味わうと恋に落ちる
・王子はなぜシンデレラを追いかけたのか?
・フェイスブック(SNS)の落とし穴
・近況をアップするほど相手はあなたへの興味を失う
・すぐ結果が出るものに人間は中毒になる
・速読すれば賢くなるの?
・情報は多いほうがいいという思い込み
・多すぎる情報は間違いを誘発する
・ネット掲示板は見るな
・不確かな話を鵜呑みにしない
・身長や体重や血糖値では人間を判断できない
・バットを振らずにホームランを打った人はいない
・自己啓発セミナーに行った時点で負け
・参加者の人生に介入してきたら危険
・自分探しは危険のシグナル
・人生では迷うべき時は正しく迷えばいい

◆IV 逃げれば逃げるほど失敗は追いかけてくる
・一見安全そうな選択こそ最もリスキー
・勝ったつもりで実は負けていることがある
・勝ち負けそのものを疑え
・「前例がない」は「生きるのをやめろ」と言っているのと同じ
・人生は失敗から逃げるためにあるのではない

◆著者:松井 政就(まつい まさなり)
1966年長野県生まれ。作家。
中央大学法学部卒業。雑誌記者、ソニー株式会社の事業プランナー、ラスベガスのカジノプレイヤー、
大学の講師、国会議員のスピーチライターなどの経歴をもつ。
新聞・雑誌の連載に『競馬と国家と恋と嘘』(夕刊フジ連載中)ほか『神と呼ばれた男たち』
『パラダイスを探せ』『羅紗の女神』などがある。

【株式会社オープンアップスの制作電子書籍一覧URL】

――iPhone/iPad電子書籍アプリ一覧――

bit.ly/11w1wuX

―――Amazon Kindle電子書籍一覧―――

amzn.to/13X3qs4

【会社概要】
会社名  : 株式会社オープンアップス
代表者   : 代表取締役 加藤 秀樹
所在地  : 東京都渋谷区桜丘町22-14 N.E.SビルS棟 3F
TEL  : 03-6681-4435
FAX  : 03-5459-0741
M A I L  : press@openapps.co.jp
URL  : openapps.co.jp/
facebook : www.facebook.com/OpenAppsInc?ref=hl
事業内容 : 電子書籍・スマートフォンアプリ制作

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加
カテゴリー: IT関連業, ipad, iphone, インターネット・通信, エンターテイメント, コンサルティング, コンテンツ, ネットワーク, ファッション, ポータルサイト, 不動産, 人材, 化学, 医薬品、医療器具, 印刷、出版、広告, 投資, 教育, 環境, 生活, 研究, 金融、保険, 電子書籍, 食料、飲料   パーマリンク

コメントは受け付けていません。