【ローコスト・ハイスピード】シニア特化型リサーチサービス提供開始 ~シニア向け製品・サービス開発を強力にサポート~

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

日本プロジェクトソリューションズ株式会社(東京都渋谷区)は「シニア特化型リサーチサービス」の提供を開始いたしました。企業のシニア向け製品・サービ ス開発を強力にサポートします。60歳~85歳の200名以上のモニターを有し、低コストでスピーディーな対面調査が可能です。

■詳細

▼シニア特化型リサーチの必要性

<シニア向け商品・サービスの増加>
少子高齢化と人口減少という社会の構造変化が到来しました。団塊の世代が65歳を迎えたことにより、2013年は4人に1人が65歳以上になります。この 高齢化社会の到来により、ますますシニアマーケットは拡大していきます。消費の主役であるこのシニア層をターゲットにした商品・サービスの開発は、企業に とって大きなテーマとなります。
しかし、拡大し多様化したシニア層の興味・関心を的確にとらえるのは非常に困難です。このためシニア層に特化した、信頼性の高いリサーチがますます必要になっています。

<シニア特化型リサーチの必要性>
現在、ネットリサーチが普及しています。ネット上でモニターを集め、アンケートを実施するネットリサーチは、スピーディーかつ大量にモニターを集めることができ、回答収集も簡単に行えます。コストパフォーマンスがよいため、定量調査を中心に活用されています。
しかし、現在、60歳以上のシニア層の方で、パソコンを日常的に活用し、メールを開いてアンケート回答できる方は、やはり少数派です。シニア向けアンケートをネットベースで行うと、ITリテラシーの部分で上方に偏ってしまうのは事実です。
また、調査実施企業の担当者様が、シニア層との年齢ギャップが大きい場合は、調査設計自体が困難であるケースも多く見受けられます。
後期高齢者を含むシニア向け調査を実施し、信頼性の高い調査結果を得るためには、
・対面調査をベースとした調査計画
・調査設計、実施における経験豊かな調査員の存在
などが必須であり、シニア特化型リサーチが求められている理由です。

▼シニア特化型リサーチの特徴

<独自のシニア特化型リサーチ>
当社および提携する一般社団法人生涯学習普及協会では、シニアに特化した調査を実施するために、シニアの方々が参加されているさまざまなクラブと提携し、 モニターになっていただいています。参加クラブは、各地の老人会、フォークダンス、パソコン同好会、カラオケ、麻雀クラブ、ハイキング同好会など、アウト ドア、インドア含めて多種多様です。 このようにクラブ単位で、提携・協力していただいくことで、対面調査を実施可能なモニター(60~85歳)が首都圏を中心に、常時200名以上、在籍して います (2013年8月現在)。 対面調査だけではなく、ネット調査も可能なモニターもおりますので、対面+ネット調査も可能な独自の体制を作り上げています。

▼シニア特化型リサーチ 4つの強み

1. 低コスト
現在のグループ調査は、モニターに会場に集まっていただく来場方式が一般的です。しかし、この方式では、遠方へ出かけることを好まないシニア層を集めるのは困難であり、体調などによる欠員の懸念も伴います。
当調査は、調査員がシニアのグループ活動場所に訪問する方式をとっています。このため来場方式より、確実かつ低コストでのグループ調査を可能にしています。

2. 対面調査
調査は対面調査を基本にしています。ネット調査では集めにくい後期高齢者層の調査も可能であり、記述式では限界のあるシニア層の意見も的確に収集可能です。

3. スピード
訪問方式の調査であり、調査終了後はネットを利用してスピーディーにデータ集計を行います。このため、対面調査であっても、質問設計からデータ納品まで最短で5営業日で実施可能です。

4. 同世代の運営
当協会はシニア層に対して多くの知見を備えています。また、調査を担当するメンバーもシニア層に近い年齢のメンバーで構成しています。このため、調査実施企業の担当者様が、シニア層との年齢ギャップがある場合にも、的確な助言を行うことが可能です。

▼シニア特化型リサーチプロジェクトの流れ
1. お申込まで
ご希望のリサーチ内容をお知らせください(当サービスの調査はグループインタビュー、定性調査が基本となりますが、ネット調査の組み合わせも可能です)。
・調査対象者の条件
・リサーチ内容
・希望納期
お見積書をご提出します。

2. リサーチ準備
リサーチ担当者が、ご意向など打ち合わせさせていただき調査票を作成し、リサーチ準備を行います。

3. リサーチ実施
調査票を確認いただき、リサーチを実施します。

4. 納品
リサーチ終了後、集計データを納品させていただきます。
標準納品データは、単純集計表、ローデータ(Excelファイル形式)となります。
その他、分析サービスが必要な場合は、ご相談ください。
*調査内容に関わらず、なんでもお気軽にご相談ください。

▼専用ウェブサイト
日本プロジェクトソリューションズ株式会社にて専用ウェブサイトを完備しています。
詳細のご確認・お問合せ・お見積もりは以下URLからのご確認をお願いいたします。
http://www.japan-project-solutions.com/#!research/c124s

■日本プロジェクトソリューションズ株式会社について
http://www.japan-project-solutions.com/
日本プロジェクトソリューションズ株式会社は「プロジェクトマネジメントの専門会社」です。プロジェクトマネジメントに関する(1)教育研修事業、(2)実務支援事業(PMO事業)、(3)システム開発・物販事業を行っております。

▼事業内容
・プロジェクトマネジメント教育研修事業
・プロジェクトマネジメント資格取得支援事業
・プロジェクトマネジメント支援(PMO)事業
・ツール・ソフトウェアの企画、開発、製造、販売
・出版
・プロジェクトマネジャー プロデュース/プロダクション

■一般社団法人 生涯学習普及協会について
http://lifestudy.jp/
生涯学習普及協会は、シニア世代の「生涯学び続け、働き続ける生き方を支援するために創設された社団法人です。シニア向けスマートフォン講座、パソコン講座など多数開講すると共に、企業様とご一緒にシニア向け商品開発の企画立案・調査を行っております。

▼事業内容
・シニア関連商品、サービスの調査、コンサルティング事業 講座、教育カリキュラムの開発、作成事業
・学校、教室、講座の運営事業
・セミナー及びイベント事業
・講師認定プログラムの開発、運用事業
・講師派遣支援事業

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:日本プロジェクトソリューションズ株式会社
担当者名:伊藤
電話:050-3486-0526
お問合せフォーム:
http://www.japan-project-solutions.com/#!research/c124s

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加
カテゴリー: 研究   パーマリンク

コメントは受け付けていません。