大工職人を正社員化、未来の”クラフトマン”を育成 ケイアイスター不動産の「社員クラフトマン制度」 ~ 自社物件の2割施工を目標 ~

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加
北関東を中心に不動産の販売を行うケイアイスター不動産株式会社(本社:埼玉県本庄市、代表取締役:塙圭二)は、職人を目指す若者を正社員として雇用し、職人の技術を伝承し、プロフェッショナルに育てる「社員クラフトマン制度」を取り入れています。2013年には初の女性が正社員として登用され、未来のクラフトマンを目指すため日々鍛錬に励んでいます。
社員クラフトマン 募集専用ページ:http://www.ki-group.co.jp/craftsman/
「クラフトマン制度」は、当社が2012年4月より実施している職人の人材採用・研修制度です。大工職や内装、基礎などを目指す高卒生を新卒採用し、約3年間の寮生活を通して職人の技術を伝承し、”クラフトマン”として、伝統技能継承者の一人に育てあげることを目的としています。
日本のものづくり文化の象徴でもある木造建築を支えてきた、熟練大工職人の高齢退職が続く一方、後継者としての若者の大工職人人口の減少が危惧されています。総務庁の国勢調査によると、大工の就業者数は1980年の93万人をピークに、2010年には39万人に落ち込み、2020年には20万人まで減少するともいわれています。建築業界は孫請けや一人親方、職人などという独自の慣習があります。特に大工という職業は生活を安定させ辛いというイメージも重なり、現在業界全体の問題として、若者の大工職人をいかに育てるかが課題となっています。
そこで、当社では大工を目指す新卒生を正社員として採用、研修と実践を通して未来の“クラフトマン”として大工職人を育て上げます。研修では座学の他、現場での実習を通して、大工職人の技術を身につけていただきます。3年間の研修を経て、晴れて匠の技を身につけていただいた後は、当社の新築物件の建築を担当していただきます。
当社では社内で技術を蓄積し、一貫施工にすることで、高品質で低価格な商品を提供できると考えています。今後は、当社の取扱い物件の2割を自社クラフトマンが施工することを目標としています。
女性クラフトマンを目指す赤石綾乃さん
プロフィール
名前:赤石 綾乃(あかいし あやの)
出身地:青森県弘前市
2013年入社
工業高校の建築科に入学したのに建築と関係のない仕事に就くのは勿体無いと思い、大工になろうと思いました。
日本の女性は、 “細やかさ”、“丁寧さ”、“美しさ” を兼ね備えており、高い建築技能能力を持っていると私達は考えています。しかし、これまで建築業界は女性技能者が持つこうした能力を発揮できる環境を、提供できていませんでした。 「社員クラフトマン制度」は、建築技能者志望の女性を増やし、良い環境を提供するための取り組みでもあります。
クラフトマンの一日(一例)
9:00
朝礼
研修生の一日は朝礼から始まります。
9:30
建築についての講義を行い、現場での心得や建築の基本的な知識をここで学びます。
その他にも会社の取組みや、社会情勢についても学んだり、意見交換やグループワークも行います。
10:30
各現場に担当職種ごとに現場へと向かい、そこで実践的なことを学びます。 実際の現場にいる職人さんに技術を学びながら、作業を行います。わからないことや疑問に思ったことは職人さんに直接聞くことができる為、毎日が勉強の連続です。
17:30
現場実習を終えると、各自帰寮し夕食当番が夕食を作ります。毎日グループ毎に当番を決めています。食事が終わると片付けを行いながら、リラックスタイム。研修生同士で話をしたり、テレビを見たり、当日学んだことを共有したりと思い思いに過ごします。
19:30
一日が終わると各自、部屋に戻り講義の復習をしたり、本を読んだり明日の準備をして就寝。
【食堂】
食事は研修生による自炊が基本。朝食は各自でとり、昼食は各現場で、夕食は当番を決めて全員分の夕食を作り皆で食べます。夕食後は、テレビを見たり歓談したりと、研修生たちの交流の場としても使用しています。
【エントランス・コミュニケーションスペース】
研修生同士がコミュニケーションを取る場として、コミュニケーションスペースを設置しています。施設にいらっしゃった研修生の保護者様との面談スペースとしても使用します。
ケイアイスター不動産が目指す【QSC+L】
ケイアイスター不動産では、良いものを安く提供するため、“高品質”で“低価格”な資産価値向上に繋がる住まいづくりを目指しています。“ケイアイブランド”と称し、従業員一丸となってQSC+L(クオリティー・サービス・クリンリネス+ロープライス)を徹底して行い、商品の品質向上と改善に努めております。
▼当社の3つのこだわり
・責任施工一貫体制
仕入、設計、施工、販売、アフターまで全て自社で行います。
959項目に及ぶ社内チェックで安定した品質を目指します。
・20年保証&30年サポートシステム
販売後25年まで無償点検を実施、最長30年に渡りお客様の住まいをサポートいたします。
・国内最高レベルの住宅検査
自社スタッフによる施工管理に加えて、日本住宅検査機構(JIO)による瑕疵保険に対応するための検査を実施。
さらに施工精度と品質確保のために独立した検査機関「ホームリサーチ」を導入し、品質を支えます。
■ケイアイスター不動産とは
北関東を中心に地域密着型を掲げる不動産のトータルプロデューサー。
2013年3月期の戸建契約実績では、創業以来初の1,000棟を超えました。23期連続増収中。
国内の人口減少が続く中、戸建分譲でドミナント戦略を展開、エリアシェアを高めながら請負を延ばす戦略をとっており、イタリアの高級車「アルファ ロメオ」とのコラボレーションキャンペーンも実施するなど、新しい取り組みも積極的に行っています。
【会社概要】
社名 ケイアイスター不動産株式会社
代表 代表取締役 塙 圭二
所在地 〒367-0035 埼玉県本庄市西富田762-1
資本金 8,700万円
設立 1990年11月
社員数 436名(2013年6月現在)
URL www.ki-group.co.jp/事業内容 戸建分譲事業、注文住宅事業、分譲マンション事業、総合不動産流通事業、 アセット事業、管理事業、宅地造成

【報道関係者からのお問い合わせ先】ケイアイスター不動産株式会社担当:戦略開発部 真杉 恵美TEL:0495-27-2772 FAX:0495-25-7272E-mail:masugi@ki-group.co.jp

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加
カテゴリー: 不動産   パーマリンク

コメントは受け付けていません。