【薬ネット販売】POP&GOでチェーンドラッグ店がそのままコールセンターに!

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

厚生労働省は9月2日、一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売のルールを作る会合を開き、薬剤師と消費者が電話で相談を受けてやり取りできる体制を義務付けることで一致した。また、実店舗を持ち、一定の販売時間を設けることも求めるというものだ。
一時、厚労省が検討したテレビ電話でのやりとりの義務化は見送られる可能性が高まり、電話が示されたことで一見ハードルは下がったように見えるが、実は大きな壁が立ちはだかることになる。
その大きな壁の1つがコールセンターを持たなければならないということだ。しかも、コールセンター経験者なら誰でもいいというわけにはいかない。電話応対者は全て薬剤師でなければならないのだ。
コールセンターを新設し、電話応対する薬剤師を集め、薬剤師全員の氏名や資格をネット上に公開するなど、時間と手間とコストがかかるこことは避けられない。

これらを一気にすべて解決できるのが、Webサイト対面通信クラウド「POP&GO」。
チェーンドラッグストア全店舗のOTCカウンタのパソコンに自社のWebサイト(ECサイト)を開いておくだけで、チェーン薬局すべてがコールセンターになるというものだ。全店舗に配置されている薬剤師がクラウド上でコールセンター業務としての役割を担うことになる。コールセンターを新設しそのための薬剤師を集める必要が一切ないのだ。また、薬剤師の在宅勤務も、ノートPCさえあれば、いつでも、どこでも可能になることで雇用面での効果も期待できる。

さらに、チェーンドラッグ店の薬剤師には、「いつでも、どこでも、どのような場合にも必要な医薬品を適切に供給すること」以外に、POP&GOによる対面サービスで生活者の健康管理、セルフメディケーション支援、受診勧奨、服薬支援、心のケア、生活習慣の改善支援、医療機関・福祉施設との連携、在宅・介護支援、環境衛生、さらには在宅訪問薬剤管理指導業務(医療保険)、居宅療養管理指導業務(介護保険)等々、幅広い活動分野で、店舗にいながらにして地域に根差し地域に密着した活動が可能になる。
まさに、プライマリ・ケア最前線として大きな役割を果たしていくことになる。

POP&GOは、SKY-NETWORK株式会社(静岡県静岡市)が独自開発したクラウドICT(WEBサイト対面通信技術、WEBページ対面制御技術、WEBサイト音声放送技術)で実現したWebサイト対面通信クラウドサービスで、Webサイトに設置されるテレビ電話から相談したいスタッフや専門家を呼び出し、対面でアドバイスを受けながら買い物できる。
Android版スマートフォンやタブレット端末からPCサイトにアクセスするだけで対面サービスが受けられる「SKY-PHONE」(無料アプリ)もリリース。
 
≪OTCネット販売でなぜ対面販売が必要なのか≫
厚生労働省の「一般用医薬品の販売ルール策定作業グループ」の検討会では、第1類医薬品を販売する際の情報提供の在り方について、購入サイトのチェックリストでの質疑応答の形(方法)や、チェック内容に間違いがないことを本人に申告させ、専門家が販売して問題がないかどうか確認する作業(制度)、販売確定までに専門家と購入者との間で繰り返しやり取りをする必要性等々、議論を戦わせているが、体調を崩している患者にはたしてそれだけの時間の余裕や冷静な判断ができるだろうか。緊急時における時間の経過は逆に症状を悪化させるだけである。

≪POP&GOが可能にする安全性と利便性を両立≫
1)女性特有の病症などは女性薬剤師を呼び出し相談しながら購入できる。
2)対面する薬剤師の氏名や資格が画面に表示されることで安心して安全に購入できる。
3)薬剤師との対面問診で症状や体質に合った最適な薬を短時間にその場で購入できる。
4)緊急の場合でもチャックリストやメール、電話など時間を要するやり取りが一切不要。
5)薬局で薬剤師が不在の場合などは別の店舗の薬剤師をテレビ電話で呼出し購入。
6)購入サイトで注意書の「同意」ボタンを押しながら自己責任による購入をさせない。
7)副作用の高い薬は、薬剤師の対面問診を受けている時しか購入できない。
8)患者が行きつけの薬局では地域に密着した患者目線による医療サービスが可能。
9)巨大地震など有事の際に、被災者に向け的確かつ適切な医療・救済支援が可能。
10)対面することで悪意ある利用者のネット購入を抑止する。
 
POP&GOは、従来トレードオフの関係にあった医薬品ネット販売の安全性と利便性を両立させた。
体調を崩し困っている患者に、自力でしかも自己責任で薬を購入させるような危険な目に合わせることは絶対にあってはならない。
 
 
SKY-NETWORK株式会社
 〒424-0821 静岡県静岡市清水区相生町6番17号
 静岡市清水産業・情報プラザ(静岡商工会議所内)6F-615
 TEL: 054-353-1211(代表) FAX: 054-353-1216
 TV電話サイト:http://sky-network.jp/
 Android端末  :SKY-PHONEアプリ
 ☆NTTコミュニケーションズ社セールスパートナー認定企業
 ☆NTTコミュニケーションズ社クラウドパートナー認定企業
 ※「POP&GO」はSKY-NETWORK株式会社の登録商標です。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加
カテゴリー: ECサイト, Eコマース・企業間取引, SNS・コミュニティー, SaaS・ASP, インターネット・通信, モバイルサービス, 医療、福祉、介護, 医薬品、医療器具, 小売, 生活   パーマリンク

コメントは受け付けていません。