放射線の被害から守るため スピルリナを食べる

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

1979年米国スリーマイル島事故が起こった後、風下地域での疫学調査によると、妊婦の流産率と新生児死亡率は上昇していました。

1986年ウクライナのチェルノブイリ事故が起こった後、疫学調査によると小児甲状腺がん、白血病、不妊、奇形が増えていました。チェルノブイリ事故には、16万以上の子供は放射線障害被害者となって、白血病、がん、甲状腺の病気、貧血、食欲不振、免疫系問題などを患っていました。

2011年日本震度9の地震によって放射性物質が大気中に漏洩し続けており、できるだけ不要不急の外出を控えたほうがいい、外に出なくてはならない場合には、できるだけ肌を露出しない工夫は必要だと専門家はアドバイスしました。被曝を防がれば、東京で12万人も放射性物質に被害されることとと予言されました。

1991年ベラルーシ首都ミンスクの原爆放射線医科学研究所の実験によると<<Journal of Pharmacy Research 2010,3(8),1726-1732>>、放射受害の子供に毎日5グラムのスピルリナを20日だけに食べさせれば、スピルリナは尿中の50%の放射性物質を減少させることは発見されました、と遠東生物科技の栄養士は言いました。

そして、1993年第六回国際応用藻類学会議に、“スピルリナは、セシウム137、ストロンチウム90、或いは核放射ものを含む食品を摂取して集まっていた放射性物質を減少できます。長時間に低線量の放射被害されていた子供に、からだ回復の効果があります。”という結論を出しました。<< Loseva, L.P. and Dardynskaya, I.V. Spirulina- natural sorbent of radionucleides. Research Institute of Radiation Medicine, Minsk, Belarus. 6th Intl Congress of Applied Algology, Czech Republic, Sep. 9, 1993.>> スピルリナは体内に無害な放射性物質似たものを産生して、放射能が飛んでくる前にこのもので飽和させておきます。

遠東生物科技の栄養士は、毎日適量約5グラムの有機スピルリナを食べるほうがいいとアドバイスしました。スピルリナを食べることは体に集まっていた放射能危害を避けられます。ヨウ素剤も過剰摂取回避に注意する必要がある。放射性ヨウ素131の半減期はやく7日です。原子力施設に事故がおきた場合、いろいろな放射性物質が施設から放出されなければ、ヨウ素剤服用必要がありません。ヨウ素を含む食品をむやみに食べるのは放射能危害を避けられないで、甲状腺機能亢進症を起こします。セシウム137、ストロンチウム90の半減期は30年と28年と長いようですが、飲み水や食物連鎖の汚染源によって体に集まって、長時間に放射被害させられます。1991年ベラルーシの実験によると、スピルリナを食べることは、体内のセシウム、ストロンチウムや他の放射性物質の含量を減少できます。30年の半減期と長いような汚染時期で、体内の放射性物質を減少するために、汚染ゼロ純浄なスピルリナを、長期に毎日少量に食べることは必要です。

FEBICOについて

我々遠東生物科技(股)会社(www,febico.com)は、台湾でクロレラとスピルリナのメーカーとして、30年以上生産、培養、卸し事業を経営しております。欧米、日本、韓国、マレーシアなど、数多いの海外企業と長年も連携し、いつもご好評を頂いてまいりました。先端の設備と技術を備え、クロレラとスピルリナの原末は100﹪打錠できます。そのほかCGF、SGF、錠剤など様々な規格があり、顧客のニーズにこたえる自信があります。

弊社の工場は汚染ゼロの台湾南部にあります。純浄な水質にたっぷりな日光で培養したクロレラとスピルリナは高品質の誇りがあり、業界で競争できる値段を堅持しております。生産量も一年中提供できます。遠東生物科技(股)会社は、欧州連合で最も厳しいドイツ「Naturland」認証、HACCP認証、ISO 22000:2005認証、USDA/ NOPとGMP認証を取得しています。品質はご安心してください。

Justin Hung 洪 治民

遠東生物科技(股)会社 FEBICO(Far East Bio-Tech Co., Ltd.)

Tel: 886-2-26558198
Fax: 886-2-26558196
Email: febico@febico.com.tw
Website: www.febico.com

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

FEBICO の紹介

我々遠東生物科技(股)会社(www,febico.com)は、台湾でクロレラとスピルリナのメーカーとして、30年以上生産、培養、卸し事業を経営しております。欧米、日本、韓国、マレーシアなど、数多いの海外企業と長年も連携し、いつもご好評を頂いてまいりました。先端の設備と技術を備え、クロレラとスピルリナの原末は100﹪打錠できます。そのほかCGF、SGF、錠剤など様々な規格があり、顧客のニーズにこたえる自信があります。 弊社の工場は汚染ゼロの台湾南部にあります。純浄な水質にたっぷりな日光で培養したクロレラとスピルリナは高品質の誇りがあり、業界で競争できる値段を堅持しております。生産量も一年中提供できます。遠東生物科技(股)会社は、欧州連合で最も厳しいドイツ「Naturland」認証、HACCP認証、ISO 22000:2005認証、USDA/ NOPとGMP認証を取得しています。品質はご安心してください。
カテゴリー: 医薬品、医療器具, 製造業   パーマリンク

コメントは受け付けていません。